知っておきたい!セフレが欲しい女子の心理!

MENU

セフレが欲しい女子の心理とは?

 

⇒管理人が一番ヤレたのはこの出会い系サイト

 

 

「セフレ」と聞くと男が欲しているイメージが強いが、もちろんパートナーあってのセフレである。

 

最近は、性欲の強い「肉食系女子」という言葉が一般的になるほど、女がオープンな時代になってきているのだ。

 

 

 

ここでは、セフレが欲しい女子の心理を徹底的に網羅して書いた、これを知っておけば、セフレ探しが格段にしやすくなると断言しよう。

 

ぜひ、最後まで目を通してくれ。

 

 

性欲が強い

 

男性と同じで、女にも性欲が異常に強い人がいる。

 

 

「セックスは好きな人としたい」というのが一般的だが、性欲が強い女は本能的に、見境なくヤリたいと考えているのだ。

 

 

なので、好きな人がいようが、結婚してようが、セフレが欲しい女子は性欲が強い。

 

 

 

しかし実際、性欲を上手く発散できないタイプの女もいるため、セフレ探しにはここが狙い目になる。

 

男性は、ムラムラしていれば風俗行くこともできるが、性欲の強い女はそうはいかない。

 

 

やみくもに探すのではなく、リサーチを行い「性欲が強い女子の心理」をしっかり理解しよう。

 

下記にいくつかの「セフレが欲しい女子の心理」具体例をあげてみてみたので、ぜひ見てくれ。

 

 

すぐヤレるセフレを見つけたいなら

大手の出会い系が早くて簡単!

 

↓ ↓ ↓ ↓

⇒管理人が一番ヤレたのはこの出会い系

 

 

パートナーとセックスレス

 

出会い系サイトでも見かけるが、既に結婚をしていてセフレを募集している女がいる。

 

これは「パートナーとセックスレス」がほとんどで、実際に結婚しているセフレもこのタイプが多い。

 

 

実際、世の夫婦の50%以上がセックスレスという統計が出ていて、かなり欲求不満の性欲の強い女がいるということだ。

 

 

また、旦那とセックスレスの場合、お姫様扱いするだけで簡単にヤることができる。

 

普段から旦那に女性扱いされていないためだ。

 

 

 

そして、女性は20代後半から性欲が強くなるため「セックスしたい」という欲求はどんどん増えていく。

 

 

求める男性像として外見を重視しているよりも、「安心感」や「満たされたい欲求」のほうが強いため、誰でも狙いやすい。

 

自分の性欲を満たしてくれる男性を、セックスレスの女子は求めているのだ。

 

 

すぐヤレるセフレを見つけたいなら

大手の出会い系が早くて簡単!

 

↓ ↓ ↓ ↓

⇒管理人が一番ヤレたのはこの出会い系

 

 

パートナーに要求できないセックスをしてみたい

 

性欲の強い女の中には、セックスに対していろいろな要求を求めてくるタイプも多い。

 

これは「パートナーに要求できないセックスをしてみたい」という欲望があるからである。

 

 

やはり、夫婦やカップルになってしまうとセックス以外の関係もあるため、女性から伝えずらい内容なのだろう。

 

特に、変態プレイやSMプレイなどに興味があるとなおさらだ。

 

 

 

今いるセフレの中に「縛ってほしい」「痛めつけてほしい」などの要求してくる女性もいるし、他にも「外でヤりたい」「人に見られたい」など性癖は無限大だなと感じる。

 

 

もちろん、こちらから要求することも可能で、私の趣味である「ハメ撮り」などをさせてもらうため、お互いウィンウィンの関係である。

 

 

これは経験談だが、若い頃に遊ばなかった女性が変態プレイなどに目覚める傾向が強く、真面目そうな女性ほど、要求できないセックスをしたいと考えているタイプが多い。

 

 

下ネタなど話して、まんざらでもなさそうだったら、相手の「パートナーに要求できない」欲望を探し出してみるとセフレに近づくだろう。

 

 

すぐヤレるセフレを見つけたいなら

大手の出会い系が早くて簡単!

 

↓ ↓ ↓ ↓

⇒管理人が一番ヤレたのはこの出会い系

 

 

ただ単に寂しがり屋、かまってちゃん

 

典型的なセフレとして「単に寂しがり屋、かまってちゃん」はかなり多い。

 

俗に言われる「メンヘラ」もこのタイプに当てはまる。

 

 

この「単に寂しがり屋、かまってちゃん」は「かわいい」「キレイだね」と、常に褒めてもらいたい欲求が強い。

 

実はこれ、自信のなさの裏返しの心理として「かまって欲しい」となっているのだ。

 

 

 

寂しがりやで一人でいることが耐えれないため、「寂しい」「かまって」がそのまま口癖になっていることも多い。

 

 

また、実際に喋らなくてもSNSで、このような書き込みが無数にあるのも特徴だ。

 

これほどセフレにしやすい女子は、なかなかいないだろう。

 

 

かまってくれる男性なら、誰でもいい傾向があるためセフレにするにはかなりおすすめだ。

 

特にメンヘラは簡単にセックスでき、しかもセフレにしやすいので、必ずアプローチすべきである。

 

メンヘラの攻略法に関してはココを参考に⇒メンヘラと出会いセックス・セフレにする方法

 

 

すぐヤレるセフレを見つけたいなら

大手の出会い系が早くて簡単!

 

↓ ↓ ↓ ↓

⇒管理人が一番ヤレたのはこの出会い系

 

 

30代女子の心理はセフレとして狙い目!?

 

「30代女子」というと敬遠されやすいが。セフレとして当然のように視野に入れてほしい。

 

理由は、男に「ちやほやされなくなって焦っている」ということだ。

 

 

たとえば・・・あなたは20代、30代の女子を並べた時に、どちらをセフレにしたいだろうか?

 

ほとんどの人は、20代を選ぶと思う。

 

なぜなら、男は生物的に若い女のほうが良いからだ。

 

 

そう、年齢を重ねた30代女子は、男からどんどん相手にされなくなってしまうのが現状である。

 

なので、心理的に「焦り」を常に感じていることが多いのだ。

 

 

焦りがあると、相手にしてもらえたいがために、ついついセフレになりやすいものである。

 

また、女性の「30代」は20代より「性欲が強い」ため、カラダは常にセックスを求めている。

 

 

これが、「30代女子の心理はセフレとして狙い目」の理由だ。

 

 

すぐヤレるセフレを見つけたいなら

大手の出会い系が早くて簡単!

 

↓ ↓ ↓ ↓

⇒管理人が一番ヤレたのはこの出会い系

 

 

30代女子をセフレにする注意点

 

上記で「30代の性欲の強い女をセフレにしやすい心理」を伝えたが、セフレにする場合の注意点もある。

 

 

それは、「すぐにやらせてもらえない」「結婚に結び付けようとする」ことだ。

 

年齢を重なてくると、社会経験もあり「世間体」を気にするようになるもの。

 

 

「軽い女」に思われたくないせいか、「簡単にセックスさせない」とアピールをしてくる、めんどくさい30代女子も存在するのだ。

 

 

ただ、セックスしてしまえば、もうメス豚なのだが。

 

あとは、結婚していない30代女子の場合、セフレでもいいから「結婚したい」という欲求が生まれてくる。

 

 

経験上こっちのほうが面倒くさく、「ゴムに穴を開けデキ婚計画」なる非人道プレイを仕掛けてくる恐怖体験をしたことがあった。

 

 

30代の女の結婚に対する執念は、凄まじいものがある。

 

このことを前提として30代の性欲の強い女をセフレにしてほしい。

 

 

すぐヤレるセフレを見つけたいなら

大手の出会い系が早くて簡単!

 

↓ ↓ ↓ ↓

⇒管理人が一番ヤレたのはこの出会い系

 

 

このように、セフレを欲している性欲の強い女の特徴を5つ紹介した。

 

どれか一つでも該当する女は、セフレとして狙い目であるといえる。

 

 

また、女によっては複数該当する人もいるため、当てはまる条件が多い女性ほど、セフレ関係に発展する確率が格段に上がる。

 

女の言動や行動などを注意深く観察することで、セフレ探しにより一層近づくことができるのだ。

 

ぜひとも性欲の強い女を探し、セフレにしよう!