セフレとしてキープするための方法は?

MENU

セフレとしてキープするための方法

セフレとしてキープするための方法

 

⇒サクラのいない安心大手の出会い系はココ

 

 

せっかくセフレが出来ても継続できる関係にならなければ意味がありません。

 

男性の多くは1度セックスが出来たら、このまま継続してセックスが出来る関係が維持できると思ってしまう方も多いと思います。

 

 

しかし残念ながらセックス出来てもその関係を維持させる事は大変難しく、キープさせる事はセフレを作る方法よりも難しい時もあります。

 

ここではせっかく出来たセフレを逃さずにセフレ関係を継続させる秘訣を教えたいと思います。

 

 

相手の感情を盛り上げすぎない

セフレ関係で大事なのは恋人関係とは違い自由な関係だと思います。

 

恋人になってしまうとセックスは出来ても「○○をしてほしい」「結婚」「○○に行こう」といった事に縛られてしまいます。

 

 

セフレのメリットはそういった事を考えず、お互いが求めたと時にセックスを行い、お互いプライベートの事は干渉しあわないフリーな関係が魅力だと思います。

 

会う回数が増えてくれば女性は恋人関係や将来の事を考えるようになってくるので、あくまでも冷静に対応する必要があります。

 

 

よく記念日、誕生日といった時にプレゼントやイベントなどを行うと女性は喜びますがセフレ関係ではお勧めできません。

 

しかしあまりにもドライな関係を続けていると離れていってしまうので、飴と鞭を上手に使い分けて対応する方法がセフレ関係を続かせる秘訣だと思います。

 

 

「付き合う」と明確に言わないこと

女性はよく「恋人関係」「結婚」といった形を作りたがる生物です。

 

例え恋人関係であっても男性はわざわざ恋人関係と口には出したがりませんが、女性は「カップル」や「彼氏彼女」と形にこだわる傾向があります。

 

 

セフレ関係で重要なのは、この関係をうやむやにする事が重要です。

 

よく恋人関係だと嘘をついてセフレ関係を維持させようとさせる男性が居ますが、これは間違いです。

 

 

女性は恋人関係だと次の展開である「結婚」に向けて感情が向いてしまうので、あくまでも恋人関係を匂わせつつセフレ関係にさせる事が重要です。

 

相手から「付き合う?」と聞かれても素直にYESと答えるのではなく、「好きだから一緒にいたい」「これからもずっと側に居て欲しい」といった言葉で返し、付き合っているという事を明確に答えない事が重要です。

 

 

この条件が合わないとセフレとして続きにくい

セフレ関係で大事なのは、心よりもお互いを癒す事が出来る関係だと思います。

 

恋人関係ではなく、本能に任せてセックスを行う事が出来、後腐れ無い関係がセフレ関係では重要です。

 

 

もちろん体の相性が合わなければセフレ関係は難しいし「ヤリたい」と思った時にヤレなければ意味もありません。

 

クラブやナンパなどは、簡単にホテルに連れ込めてセックスが出来ても継続は難しくワンナイトラブな関係で終わってしまう事が多いので、ゲット出来た女性をキープできなければセフレではないです。

 

 

セフレになりやすい女性の特徴は、いわゆる「都合の良い女」だと思います。

 

自分の自由になり、こちらの無理な要望にも文句を言わない従順な女性がセフレになりやすい傾向にあると思います。

 

 

反対に「関係にこだわる」や「忙しい」「なかなか会えない」といった女性はセフレ関係には向きません。

 

せっかくゲット出来た女性でも「都合の良い女」になってくれない女性はセフレ化は難しいので、諦めて新しくセフレを求めるのも選択肢の一つだと思います。

 

 

⇒サクラのいない安心大手の出会い系はココ