セフレとしてキープするための方法は?

MENU

セフレとしてキープするための方法

 

一回セックスした相手と継続して、いい関係を続けていくのがベストあることは間違いない。

 

ここでは、「セフレとしてキープする方法」を今までの経験談を元に、一番いい方法を伝えていく。

 

これを実践して、快適なセフレライフを送ってくれ。

 

 

⇒管理人が1番ヤレた出会い系はココ

 

 

そもそも「セフレ」とはギリギリの戦いである。

 

セフレは、いつでもセックスできる友達と簡単に考えてはいけない。

 

そもそもセフレというものは、ギリギリの選択だということを知っておいてほしい。

 

 

今まで数十人ものセフレをキープするために、管理人が導き出した答え、それは「恋人未満、友達以上」でいることである。

 

 

実際セックスすればわかるが、女は簡単に惚れてしまい、繋がりを求める性(SAGA)なのだ。

 

セフレというのは男側の都合のよい解釈で、女側は半分惚れているようなもの。

 

 

これを理解しないと、せっかくキープしたセフレはまっくろくろすけ並みのスピードで消えてってしまう。

 

セフレをしっかり理解し、キープするための方法をこれから伝授しよう。

 

 

⇒管理人が1番ヤレた出会い系はココ

 

 

 

一人のセフレに執着するな

 

結論から言うと、セフレは一人に執着してはいけない。

 

セフレは「恋人未満、友達以上」でいる不透明な関係なため、相手からいつ関係を解消されてもおかしくはないのだ。

 

 

一人に執着すると、関係が終わったときこちらのダメージも大きい。

 

なので、経験上3人のセフレをキープするのがおすすめだ。

 

 

順繰りまわして会うことで程よい関係でいることができる。

 

また、セフレを数人キープしていると「気持ちの余裕」が生まれることも重要だ。

 

 

やはり、気持ちのどこかに余裕があるとモテるもので、良い関係を続けるのに適しているのだ。

 

「追うより、追われている関係」がセフレにはちょうどいい。

 

 

⇒管理人が1番ヤレた出会い系はココ

 

 

 

セフレの感情を盛り上げすぎない

 

相手の感情を盛り上げすぎると、女が本気になり、トラブルになる可能性がグンとあがるのだ。

 

元々セフレにしやすいタイプは「寂しがり屋」や「依存気質」なため、感情を盛り上げすぎることでどんどん惚れてきてしまう。

 

 

急に彼女ズラしてくることもあり「もっと会いたい」「私のこと好きなん?」などふざけたことぬかす。

 

こうなってしまうと、連絡も頻繁に取らざるおえなくなり、都合のいいセフレではなくなってしまい、本末転倒だ。

 

 

なので、飴と鞭をうまく使い、セフレ女の感情をコントロールしキープしほしい。

 

セフレとしてキープするポイントとしては、「彼女に対して優しくする」よりも「友達として優しくする」ぐらいの感覚でいいだろう。

 

 

トラブルを起こすほかの原因もある、次の項目もみてくれ。

 

 

⇒管理人が1番ヤレた出会い系はココ

 

 

 

「私たち付き合ってるの?」への対処法

 

「セフレに言われたくない質問」のナンバー1は「私たち付き合ってるの?」である、異論は認めない。

 

感情が高ぶったときに出るこの質問の対処法で、今後セフレとしてキープできるかが変わってくる。

 

 

この質問をしてくる場合、女は「付き合いたい前提」で行ってくるので、「いや、付き合ってないでしょ」と完全に断ち切ってしまうと関係がすぐに終わってしまう。

 

 

なので、関係を曖昧にし、「でも一緒にいたい」ということをほのめかして欲しい。

 

 

私が良く使っていたのは、

【1】「いやいや言わなくてもわかるでしょ」

 

【2】「俺、恥ずかしいからそういうの言えないんだよね」

 

【3】「今は忙しいけど・・・・ね」

...など、「はっきり言わないけど、突き放さない微妙なライン」の回答がベターだ。

 

 

セフレ関係を少しでも長く続けるために是非使ってみてほしい。

 

 

⇒管理人が1番ヤレた出会い系はココ

 

 

 

中には「ガチのワリキリ女」がいる場合も

 

セフレの中にも、「ガチのワリキリ女」がいる。

 

 

ホテル前集合、ホテル前解散ができる「完全に割り切ったセフレ関係」ができるタイプの女だ。

 

 

数は少ないがセフレにするには一番良く、長い期間関係を続けることができ、希少価値が高い。

 

 

このタイプは「さばさば系女子」の場合が多く、単純にセックスを楽しみたいことがほとんどで、いちゃいちゃした関係は求めていない。

 

 

ここを間違って彼女扱いしてしまうと、セフレ関係性が崩れるため気をつけよう。

 

 

⇒管理人が1番ヤレた出会い系はココ

 

 

 

この条件が合わないとセフレとして続きにくい

セフレとしてキープするための方法

 

いくら良いセフレを見つけても、条件が合わないとセフレとしてキープできないのが現状だ。

 

まず、「家が遠い」と物理的に時間がかかるめ、会ってセックスするのが難しいくなってしまう。

 

 

似た原因だと「生活リズムが違う」パターンも続きにくい。

 

セフレ相手の仕事が遅かったり、夜勤の場合など連絡すら続かないことが多く、これらの場合は徐々に会わなくなってしまうケースがほとんどだ。

 

 

あとは根本的な原因で、「セフレとのカラダの相性が悪い」こともある。

 

これはどういようもないことだが、セフレ関係が続きにくい原因で良くありがちだ。

 

 

これは稀なケースだが、「セフレに1時間以上腰を振り続けて欲しい」と頼まれ、次の日にギックリ腰になった苦い思い出がある。

 

さすがに、こちらからセフレ関係を切らしてもらった。

 

 

なのでセフレを作る際には、まず「これらの条件が合うかどうか?」を精査して、セフレ作りに臨んでほしい。

 

 

⇒管理人が1番ヤレた出会い系はココ